ユベントスJFC

ユベントスコーチブログ  J’s Voice!

2013年03月25日

J’s Voice

NPO法人ユニオンスポーツクラブ ユベントスJFCスポーツ少年団(以下ユベントス)Jコーチの勝手につぶやくブログです!お時間があるときに気楽にお読みください!

 

   ごあいさつ  念願のブログ始めました! 2012年11月28日(水)スタート

日々の活動の中でご父兄の皆様などにお伝えしたいことや気がついたことがたくさんありますがなかなかその機会がありませんので思い切って個人的なブログをスタートしました。3日坊主にならないように継続してアップしていきたいと思います。ご意見・ご質問・ご要望等ありましたら、Jコーチ直通メールまでmail(←ここをクリック)お願い致します!

 voice no.020      自信から・・・         2013年3月25日

 先週末の23日は1~3年生は午前中練習で午後から試合で大忙しでした。先週から気合を入れている3年生は前回の大会で0-4と完敗したNEOFCとの練習試合です。全部で6本試合をしましたが結果は
1本目0-2 『ゼロで終わるな!絶対に1点取ろう!』
2本目1-3『1点取れたんだ!今度は失点を減らせばもっといい勝負になるよ!』
3本目1-1『だいぶ食らい付けるようになった、後は戦う気持ちだ!
4本目3-1『この勝ちで満足していたら絶対に上手くならない次が本当の勝負だ
5本目0-5『さっきの勝ちで満足している選手がいるよ!戦えないなら試合をやる意味がないよ
6本目0-2 最初の結果に戻りました。

 この結果を見て改めてサッカーは心理ゲームだなと感じました。自分の分析では、1本目は先週休んでいたい選手がチームのやり方が分からずにバランスが悪い戦いでした。それが2本目でようやく良いポジションを取れるようになり、善戦出来るようになると選手たちには自信が生まれてきました。そして、3本目にはこちらが行けると感じ集中したのに対して相手のNEOは同じ相手との試合が続いているためにあまり集中力がなく、試合に入っていました。結果は、1-1の引き分け、4本目は、その前の引き分けで選手の気持ちは自信から確信へ、その結果、気持ちの差が出て3-1で勝ち。するとうちの選手には勝ったことで確信から慢心へ相手は負けたことでまたねじを締めなおしました。それが0-5という5本目の結果に出ています。つくづく、サッカーという心理ゲームの面白さと難しさを感じたゲームでした。いかに子供達の心理面を上手くコントロールしてサッカーに取り組ませられるか、本当に大きな課題です。翌日の芝南での試合では、2・3年生共に1学年上の相手に対しても全員でよく戦っていました。まだまだ、努力が足りない部分が多いですが先が楽しみになる戦いでした。

【Jコーチおススメの名言集①】 込田コーチ直伝の名言だ!心に刻もう!

不安から自信へ、自信から確信へ   

 
 ※補足説明、自信=根拠のないもの。確信=根拠のある自信。慢心は禁物です!

 

 

 

 


このページの先頭へ