ユベントスJFC

ユベントスコーチブログ  J’s Voice!

2013年05月01日

J’s Voice

NPO法人ユニオンスポーツクラブ ユベントスJFCスポーツ少年団(以下ユベントス)Jコーチの勝手につぶやくブログです!お時間があるときに気楽にお読みください!

 

   ごあいさつ  念願のブログ始めました! 2012年11月28日(水)スタート

日々の活動の中でご父兄の皆様などにお伝えしたいことや気がついたことがたくさんありますがなかなかその機会がありませんので思い切って個人的なブログをスタートしました。3日坊主にならないように継続してアップしていきたいと思います。ご意見・ご質問・ご要望等ありましたら、Jコーチ直通メールまでmail(←ここをクリック)お願い致します!

 voice no.026           6年生県南大会出場権獲得おめでとう!    2013年5月1日

 何と言っても先週末は6年生がやってくれました。27日(土)には、全日本少年サッカー大会の北足立北部地区予選の決勝リーグを見事1位で通過して3年ぶりの県南大会への出場を決めてくれました。昨年は予選リーグで敗退しくやしい思いをしたので自分は別会場にいましたが出場を決めたことを本部役員から聞いて思わずガッツポーズが出ました。試合内容を聞くと2試合ともかなり苦しい内容だったようですが2試合無失点で切り抜けたことは選手の戦う気持ちが出ていた現われと思います。
 その日は強風の中の試合で、別の試合ではGKのキックがそのままゴールインするなど相手だけでなく自然条件との戦いでもあったようです。思い起こせば今年の2月27日に桶川総合運動場で突風の中、午後まで練習していた成果が出たと言いましょう!!!あの時は、目の前が見えなくなるぐらいの砂埃でしたから、人工芝での風なんてうちわで扇がれるぐらいのものだったでしょう!!! 県南大会は5月19日に行われます。対戦相手の候補には、アルティージャや浦和レッズや新座片山など強豪チームが目白押しです。選手には、県南大会でもミラクルを起こせるようにさらなる頑張りを期待しています。
 同日に行われた本部長杯のCクラスでは4年生が2大会連続最下位となってしまいました。さかのぼると公式戦は11戦勝ちなしです。どのコーチに確認しても過去にこのようなことはなかったようで、本部でもユベントスが何で下位リーグにいるのと何度も言われました。この大会を振り返ると予選、敢闘賞リーグ共に大敗した試合はありませんでした。一本のシュートが決まっていれば予選突破も全然不可能ではない内容だったと思います。でも、結果1勝も出来なかった。5試合で2得点のみでは上位には食い込めません。特に敢闘賞リーグでの2試合は決定機を何度も迎えながらすべてシュートをはずして無得点でした。1対1を何度もGKにふさがれ、ゴールエリア内のシュートもポストをたたきます。試合終了後に選手にはこう伝えました。『チャンスをたくさん作っていたし、良いプレーも何度もあった。でも、結果シュートが入らなかったのは、日頃の努力が足らなかったからだと思う。日頃の努力をした選手にしかサッカーの神様はご褒美をくれないよ、サッカーの神様がこのままじゃ駄目だと君たちに言っているんだと思うよ。』敢闘賞リーグのスタメンはリフティングの回数で決めました。昨年から繰り返し、リフティングの重要性を説明して目標を決めていたのにも関わらず回数の記録をとると目を覆いたくなる回数ばかりです。4年生で一桁の選手もいます。リフティングはやれば出来ますし、逆にやらなければ絶対に出来ません。インステップのリフティングが出来ないとインステップキックだって正確に強いボールは蹴れません。とにかく前向きに毎日サッカーの練習に取り組んでもらうことが今一番の自分の課題でそのためにどう促していけば良いのか他のスタッフとも話しをしています。次の4年生がエントリーする大会は7月の北足立北部の大会です。それまでの今から2ヶ月間が勝負だと思います。今度こそ予選突破だ!そのために4年生よボールを触ろうぜ!


このページの先頭へ