ユベントスJFC

ユベントスコーチブログ  J’s Voice!

2013年10月23日

J’s Voice

NPO法人ユニオンスポーツクラブ ユベントスJFCスポーツ少年団(以下ユベントス)コーチの勝手につぶやくブログです!お時間があるときに気楽にお読みください!

 voice no.049  Jリーグについて考えよう②~妄想アイデア編   2013年10月23日

以前のブログでは2ステージ制に対する代替案を書きましたが今回はJリーグへの観客動員数が減っているという事実からどうしたら観客動員数が戻るのかという方向で勝手にJリーグについて語りたいと思います。

 自分はJリーグの開幕直前のナビスコカップからレッズが最下位にいてお荷物と言われた時代にはよく駒場競技場に足を運んでいました。本当に応援に行く度に負けていて、また必ずと言っていいほど福田と柱谷(幸一)の二人が揃う試合がなく二人が揃えばもう少し良い戦いが出来るのにと思いながらも試合を見ていました。ですが最近は全くと言っていいほどJリーグを見に行っていません。最後に見たのがいつだかも記憶にないぐらいです。なぜ見に行かないかと言えば、時間がないというのと見るべき価値を見出せないというのが一番の理由で実際には土日はユベントス試合などが多くなかなか足を運ぶことが出来ません。ただ、実際に行こうと思っても今のチケット代などが分からないので調べてみると以外に安いことが分かりました。ちなみに埼玉の2チームのチケット代はというと

           最高値    最安値    子供
浦和レッズ      4500円  2000円  1000円
大宮アルディージャ  3500円  1300円   400円

と思ったよりも値段は安いですね。こんな情報も調べるまで知らなかったので埼玉の2チームはもっとアピールして観客を増やして欲しいと思います。これぐらいの値段だったら行ってもいいかなと思いますが、交通費などを考えると足を運ぶにはまだ動機付けが必要だと思います。そこで自分なりに新提案をしたいと思いますが参考データとして現時点で成功している世界のプロスポーツ(アウトドア)で観客動員数のトップ10は

1.NFL、アメリカンフットボール、アメリカ、2011-12、67,358人
2.ブンデスリーガ、サッカー、ドイツ、2011-12、45,179人
3.プレミアリーグ、サッカー、イングランド、2011-12、34,601人
4.AFL、オーストラリアンフットボール、オーストラリア、2012、32,748人
5.メジャーリーグ、野球、アメリカ、2012、30,884人
6.ラ・リーガ、サッカー、スペイン、2011-12、30,275人
7.CFL、カナディアンフットボール、2011、28,103人
8.日本プロ野球、野球、日本、2010、25,626人
9.リーガMX、サッカー、メキシコ、2011-12、25,434人
10.セリエA、サッカー、イタリア、2011-12、23,459人

となっており(どこかのHPより抜粋)、ちなみにJリーグは19位(17,566人)となっています。2位のブンデスリーガはチケット代がとても安く集客を伸ばしているということですが価格帯はJリーグと変わらないので価格でのこれ以上の集客は望めないと思います。また、アメリカのメジャースポーツが上位にランクされており、日本のプロ野球も8位になっています。ただ、アメリカメジャースポーツが試合開始の何時間も前から球場に行ってお祭りのように楽しんでから試合を見ると言うような内容を聞いたことがありますがそれをJリーグに取り入れると言うことはJリーグの関係者に任せるとして自分としては今すぐにでも少しの工夫で楽しさが増すんじゃないかと言う提案をしたいと思います。

◎Eightリーグ(仮称)の開催

このリーグは端的に言うとJチームの8人制のリーグです。
どのように行うかと言うとリーグ戦終了後に20分一本のエキストラゲームとして行ってはどうかなと思います。このリーグを行うメリットはたくさんあって、
1、全日本少年サッカー大会が11名制から8名制に変更されてペナルティーエリアでの攻防が増えたとの報告があった。それならばプロでも同じコートで8人制を行えば迫力がある試合が見られるんじゃないのかという興味!
2、ジュニアの選手やコーチにとってプロ同士が行う8人制のサッカーがどんな感じになるのかという好奇心と参考にしたいと言う興味!
3、現在のJリーグの登録人数は24名ぐらいだと思いますが実際に出場している選手は11名~14名で今ではサテライトリーグもないのでスタメン以外の選手を見る機会を作れるということ。また、選手がアピールする機会を作れると言うこと!
4、ホームチームが完封負けたとしても再度見せ場を作れるチャンスになること!
5、特に会場を用意する必要はなく20分くらい延長するだけで済むこと!

自分が勝手にこのリーグを妄想した時に考えたのがこのリーグだけでも見てみたいなと思ったことでした。全少が8人制に移行して数年立ちますが今だに自分としても8人制自体のイメージがつかめずにいるのでぜひプロによる8人制を見てみたいです。また、全試合で行うことが困難ならばスコアレスで引分けになった試合の後のみにエキストラマッチとして行うというようなルールでもよいと思います。サッカーを初めて見に行って全く点が入らない試合ではサッカーの魅力を感じられないと思うのでそういう設定でも引き分けても楽しみがありよいかなと思います。

そして、この妄想8人制のサッカーではプロとして真剣にやりながらも見せることを前提としてどんどんドリブルやフェイントを使っての見せ場を作って欲しいです!勝敗による順位よりも得点王の表彰や観客によるその試合での一番の印象に残った選手を投票する場所を作ってそのポイントランキングなんて出来たらさらに観客も楽しく見れると思います。子供のチームと対戦とも考えましたがプロスポーツである限り選手同士で激しく面白い戦いを見せて欲しいと思います。プロ選手として魅せるということを意識することがJリーグを面白くすることにつながると思います。ここはヨーロッパのサッカーの勝敗に徹する戦い方というよりもアメリカのメジャースポーツで特にNBA(バスケ)の選手が強く意識していることで普通にレイアップで決められるところをダンクシュートやアリウープをしていかに観客が見ていて楽しくなるのかを考えたスタイルにして欲しいと思います。

まさしく勝手に妄想していますがリーグ戦とは違うサッカーの魅力を存分に楽しめるリーグまたはエキストラマッチが試合の後にプラスで見られたらチケットの付加価値になるんじゃないかなと考えています。これは来年度にでもぜひ取り入れてくれないかなと切に願っています!妄想終わり!
 


このページの先頭へ