ユベントスJFC

ユベントスコーチブログ  J’s Voice!

2014年05月07日

J’s Voice

NPO法人ユニオンスポーツクラブ ユベントスJFCスポーツ少年団(以下ユベントス)コーチの勝手につぶやくブログです!お時間があるときに気楽にお読みください!

 voice no.077    県南組合せ決定&GW報告  2014年5月7

 ゴールデンウィークが終わりました。5・6年生は静岡遠征、4年生以下は練習・練習試合でした。自分は4年生以下の練習を見ましたが連休にもかかわらず元気に練習に参加してくれました。3日の桶川東小学校では、4学年を9グループに分けてグループ別に練習しました。各グループのキャプテンによって、やり方が違っていて見ていて選手の考え方がよく分かりました。練習を見ていて気になることがありました。1年生からキックにインサイドキックを多用していることです。順番としてはインステップキックをマスターしてからインサイドに移行して欲しいのですがどうしても土のグランドでインステップキックを練習すると地面を蹴ってしまい痛いのでインサイドキック多用してしまっている気がします。インサイドキックとインステップキックの蹴り方は根本的に違うのでどうしてもインサイドを多用しているとインステップキックが正しく当たらずに、インフロント気味のキックになってしまっています。このことは、高学年でも同じで6年生になっても蹴れていない選手が多くいますので低学年の担当としてはキックの技術を身につける練習をどんどん取り入れたいと思いました。
 ですので、4日の桶川総合の練習では、少年ゴールを同一会場で試合をしていた中学生に手伝ってもらって出して徹底的にシュート練習をしました。シュートをたくさん打てるシュートゲームは大変盛り上がり、楽しく取り組めたと思います。次の試合ではどんどんシュートにチャレンジする姿が見られれば良いと思います。
 連休最終日の昨日は4年生の練習試合のみの活動でした。対戦相手は、尾山台イレブン・行田泉・エクセレントフィートさんでした。どのチームも大変に強くてとても勉強になりました。特にエクセレントフィートさんは、選手の技術・意識も高く15分のゲームを5本行いましたが、1本目は0-4、2本目は0-3と大敗しました。2本とも立ち上がりすぐに失点していたので3本目は15分1本のみですが何とか5分間は失点するなという指示の元、試合に臨むと5分間は耐え抜き、何とか0-1で終了しました。その後の4本目は1-2で得点も上げてどんどん良い結果になっていましたが最終の1本ではまた0-3でした。この結果が示すことは、やはりサッカーは心理ゲームということの証明だと思います。始めの2本で大勝し、相手の気持ちはゆるみ、こちらは相手が強いから頑張ろうと臨むと途中の2本は善戦しています。ただ、最後の1本は相手も気持ちを入れ替えますのでまた、失点を重ねました。選手の心理が試合結果にもたらす影響はとても大きくその心理をコントロールすることが良い指導者の条件なんだろうなと思います。

 4日の夜には与野本町コミュニティーセンターでの県南大会の抽選に行ってきました。ユベントスは北足立北部地区予選を1位でしたので会場シードで一番初めに抽選をしました。後はどのチームが入ってくるのかを待っていました。結果は1回戦は、はくつるFC。決定戦は、尾間木vsアビリスタの勝者ということになりました。その他の組合せや対戦時間はこちらから。はくつるFCは、HPを見るとDANONE NATIONS CUP 決勝(全国)大会出場とありましたからとても強いチームだと思います。アビリスタも新座片山を予選でしりぞけての県南出場チームですから、本当に面白い所に決まりました。今からとても楽しみです。4年ぶりの抽選会でしたが独特の雰囲気で毎年行ければと思います。それでは、来週は県南大会の良い報告をアップします!(断言)


このページの先頭へ