ユベントスJFC

ユベントスコーチブログ  J’s Voice!

2014年08月06日

 

J’s Voice

NPO法人ユニオンスポーツクラブ ユベントスJFCスポーツ少年団(以下ユベントス)コーチの勝手につぶやくブログです!お時間があるときに気楽にお読みください!

 voice no.089   練習試合ー上三川遠征ー平日練習! 2014年8月6日

 7月29日(火)に伊奈丸山グランドで練習試合を行いました。平日にもかかわらず6年生・11名、4年生・9名、3年生・13名が集まってくれました。とにかく日差しが強く、家に帰ると露出していた部分は真っ赤になっていました。この日は6年生と4年生の対象試合ということで普段はあまり試合を見ていない学年なので朝のミーティングでは普段と違うシステムで試合をすることを提案しました。ボード版でやり方を簡単に説明して試合に臨みましたがなかなか、どうして6年生は良く機能していました。3・4年生があまり機能していなかったことと比べると日頃の清コーチの指導の賜物だと思います。一日6年生の試合見て、戦える選手と戦えない選手の差がありすぎて途中交代させるのが難しいだろうなと感じたとの点を取るためのパターンがないというのが一番の問題点と感じました。センタリングを上げるところまで行っても中の入り方とクロスの質が低かったり、数的有利を作りながらもドリブルもサポートも直線的に走りすぎていて簡単に守られていたりしていました。それでも数ヶ月前の時よりもダイレクトパスの使い方が上手になっていて成長を感じました。3・4年生も暑い中良く頑張っていたと思います。全体の試合を見て自分なりに問題点を感じたので今後の練習や試合に生かせればと思います。
 その後、自分は移動して小針領家グランドにて練習を指導しました。何と伊奈丸山グランドで練習試合をしていた選手も数名練習に参加していました。意欲的に参加してくれて何よりです。31日も小針領家グランドで練習でしたが平日にも関わらず50名の選手が参加してくれました。人数が多かったので6年生をキャプテンに縦割りのチームを作ってグループごとに練習をしました。アップはグループごとに任せてリフティング練習の後にシュート練習を行いました。練習の最後の10分には選手の動きの練習をしてこの日はおしまいです。

【上三川遠征について】
8月2日・3日と栃木県の上三川の遠征に行ってきました。とにかく2日間ともにものすごく暑かったです。自分は3・4年生で参加したジュニアの部を中心に見ましたがフットサルゴールにて7人制で行われました。毎年、6人制にて行われる大会でしたので今年は参加人数を考慮して3チームエントリーをしていましたが休みが多く当日は20名しか選手がいなく何人かが掛け持ちで試合に出ることになりました。結果的には初日は誰一人脱落することなく全試合をこなしました。交代人数がいないという状況で一人ひとりが踏ん張ったと思います。キックイン・オフサイドなしというこの大会独自のルールでしたが完全な待ち伏せで失点する場面を見るとオフサイドというルールの必要性を再認識しました。きれいな天然芝での試合でコートもゴールも狭いので流れの中で崩すというよりもミドルシュートなどの得点が多かったと感じました。
 試合の内容を見ると全員がフル出場で普段はあまりボールを触れない選手も試合を続けるに当たってスライディングをしたり、得点をしたりととても良いプレーが見られました。また、3・4年生も5年生にも共通して攻撃時のサポートが出来ていないと感じました。合宿などで練習に取り組んで修正できればと考えています。とにかく、人数ギリギリで臨んだ結果、一人熱を出してしまい2日目に試合に出られない選手がいましたが試合中に脱落する選手が出なくて猛暑の中でも集中していると頑張れると感じました。本当に暑い二日間でしたが実りのある遠征になったと思います。

その後の5日の練習では48名の選手が集まり、また縦割りの練習にて2時間30分汗を流しました。この日は栃木遠征を超える暑さでしたが頭に水をかけながら熱中症を出さないことを第一に取り組みました。本当に暑いなかでしたが元気に動いていて小学生のパワーはすごいと感じました。いよいよもうすぐ夏合宿です。とにかく体調管理を万全に元気に参加して欲しいですね。

 


このページの先頭へ