ユベントスJFC

ユベントスコーチブログ  J’s Voice!

2014年09月19日

J’s Voice

NPO法人ユニオンスポーツクラブ ユベントスJFCスポーツ少年団(以下ユベントス)コーチの勝手につぶやくブログです!お時間があるときに気楽にお読みください!

 voice no.093  今年最大の衝撃走る  2014年9月19日

 先週は敬老の日があり3連休でした。自分は日曜日にアビリスタさんのお誘いで3年生を連れて川口の東本郷小学校に練習試合に行ってきました。午前中はうちとアビリスタさんの2チームで試合をやりっぱなしでした。アビリスタさんの3年生は、50名いるそうでこの日も40名以上いたと思います。どんなメンバーが出てくるのか、8人制なので5チームぐらいに分けて各チームに上手い子がいるのかなと想像していましたがどの試合もそんなに上手い子はいずにユベントスが点をどんどん取っていました。そして午前の試合を消化して昼休みをはさんで午後からはレジスタさんも参加して3チームでの試合になりました。午後の一発目はアビリスタvsレジスタ戦でしたがアビリスタのメンバーは全員、午前中には見たことのない選手が出ていました。同じ学年でも完全にレベル分けしていて午前中はBチームのみで午後からAチームが出てきていました。また、その試合は午前中の試合とは打って変わってすごく激しい試合になっていました。レジスタがとにかく大きくて、速くて強いと感じました。その試合後にレジスタは連戦でうちとの対戦でした。レジスタも20名以上の選手がいたのでこれはベンチのメンバーが出てくるだろうと予想していましたが1試合目と全然メンバーが変わらずに上手い子がそのまま出ていました。そして、試合開始1分で右サイドの選手に簡単に突破されて失点しました。その後は全く相手の陣地に入れずに失点だけ重ねていきます。うちのどの選手がどうボールを持ってもすぐにボールを奪われて、追いかけようもどんどんボールを動かされて簡単に裏を取られてどんどんシュートを打たれます。見せ場はGKのセーブぐらいでした。本当に凄まじい勢いでした。良く10回対戦して何回勝つかというような言い方があると思いますが現時点では100回対戦して100回負けると言えると思います。後半に出てきたベンチのメンバーと良い勝負になる状態です。本当に2学年上のチームとやっているような実力差がありました。過去にも強豪チームと呼べるチームと試合をして、負けることはありましたがここまで叩きのめされたことはなかったので正直ショックと共にやるべきことはたくさんあるなと痛感しました。現時点では、歯が立たなくても6年生になった時にどのくらい戦えるようになっているのか、その差を詰めるべく何をしなければならないのかと考えている帰路のバスの中で、3年生は楽しそうにゲームの話をしています。切り替えが早いといえば褒め言葉ですが深く考えていないというのが本音の部分だと思います。とにかく、もっともっとサッカーのことを考えてくれればと思います。

 翌日の月曜日は小針領家グランドで6年生以外の学年がROSEさんと川口のアヴェントゥーラさんと練習試合でした。5年生の試合を久しぶりに見ましたが気になることはただ一点で試合中の声が『何で○○だよ!』という声ばかりということです。この『何で』という言葉には、相手を否定する意味が含まれてしまっているので『○○しようぜ!』という指示の声に変わればよいと思いました。試合の内容としては右から来たパスをそのまま左に渡してしまうことが多くDFの裏にボールを動かすことが出来ません。よって、DFのスピードがない場合は通用しますが相手が速い時はすぐにボールに寄られてしまい手詰まりになってしまいます。もっと相手を騙すことを覚えて欲しいです。
 4年生は夏休みの練習で行ったサポートの意識は全くなく、8人制で最終ラインに5人が横一線にならんでいる状態で試合が進みます。4,5年生の試合を見ながら、3年生のアップの様子を見ていましたが集中している選手とだらけてしまっている選手の差がとてもあります。それが、そのまま試合に出てしまいだんだんと全体の頑張りが失われます。試合も失点を重ねていました。最後の試合には自分がベンチに入り、ポジショニングを指示するとようやく戦い始めて失点が減り始めます。正直、言われないと出来ない状態で個々を見ると頑張っている選手はいますが全体の雰囲気は完全に受身になっていて、だらけた雰囲気が出ることが多く、自分もどうしても怒ることが多くて悪循環がうまれています。今の6年生も中学2年生の代も人数が多く、全く同じような雰囲気でどうしても避けられない状態とも言えます。だから、前出のアビリスタは同じ学年でも完全にAチームとBチームとクラス分けをしているんだと思います。現時点でレベル分けは考えていないので何とか良い方向にいければと思います。現時点のサッカーの成長への最大の敵は、DSです。DSよりもサッカーが面白くなってくれればと願いつつこの辺で・・・。

 


このページの先頭へ