ユベントスJFC

ユベントスコーチブログ  J’s Voice!

2014年11月07日

J’s Voice

NPO法人ユニオンスポーツクラブ ユベントスJFCスポーツ少年団(以下ユベントス)コーチの勝手につぶやくブログです!お時間があるときに気楽にお読みください!

 voice no.100   祝100回更新!!!   2014年11月7

 ついにこのブログも区切りの100回目の更新を迎えました。最近はPCに向かう時間が減ってしまい、毎週定日の更新が難しくなってしまいましたが何とか週末ギリギリの更新で続けています。今回の内容は週末の活動紹介と先月から書き始めましたがなかなか時間が取れずに書ききれなかった先月行われた少年団大会について、さらに高校サッカーについての3本たてになりました。

【先週末の活動について】

スギスポの皆と記念写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週末は3連休となり交流線が目白押しでしたが、終末までの天気予報では、雨マークが多く出ていて、開催が危ぶまれていました。
 11/1は、福島県の陸前高田のサッカーチームとの交流戦が予定されていました。天気は予報通りの雨で、かなり降っていましたが福島から来ていただいていることもあり、上尾の運動公園サブグランドで強行しました。自分はその試合には同行しませんでしたがその日に使ったテントを翌日に乾した時に雨がかなり降ったことが分かりました。実りのある試合となり、参加した選手のみなさんが風邪を引いていないことを祈ります。
 11/2は、杉戸スポーツクラブ(以下すぎスポ)との交流試合を行いました。すぎスポさんとは埼玉県体育協会からサッカーの指導者が足りないということで一度こちらから指導者を派遣したことで知り合いになりました。本当に広い芝のグランドで3面コートを作り、午前中のみ試合を行いました。すぎスポさんはスクール生なのでレベルもやる気も全然違うメンバーがいて試合としては一方的にユベントスが勝ってしまう感じでしたがいろいろなプレーの制限を付けて試合を行い自分も新しい発見がありました。何より、良い天気の中、芝生の上でサッカーが出来ることは何より素晴らしいことでした。帰りにはすぎスポさんから参加者全員にお土産を頂きました。この交流戦がお互いに良い刺激になればと思います。その時の写真を上に載せてあります。写真は代表の大島さんが撮影してくれたものでカメラはとても高級な物と言う事です。また、このようなぜひ交流の場が作れればと思います。
 11/3は、芝南との練習試合に帯同しました。この日は1試合目はアップ時間があまりなかったので通常通りに選手を起用しましたが2試合目以降はインステップのリフティング左右交互30回出来た選手のみを試合に出すことにしました。なぜ、このようにしたかと言えば、今週末に北足立北部地区の後期大会の抽選会があり、その大会は1チームエントリーで試合当日にリフティングの課題をクリアした選手のみを起用することにしたからです。その課題は上記の物でこの日の練習試合からこの課題が出来た選手のみで試合に取り組むことにしました。練習でも同じように課題をクリアするまでリフティングに取り組んでもらいます。この日の2試合目も試合開始時には5名の選手しか課題をクリアしておらず、5人対8人で試合に臨みました。1失点した直後から1名増え、6対8になり、試合の途中で8対8になり、その後は点差を逆転していました。結局、この日は20人のうち12人が課題をクリアし、8人はリフティングのみで終えたことになります。このようなやり方は過去に何度も行っていましたが試合に1秒も出さなかったことはありませんでした。最終戦までには課題を下げるなどして1試合は出すようにしていたからです。ですがいくら話をしても一向にリフティングに取り組まない選手が多く見られたのでこの日は心を鬼にして試合に出さずにリフティングのみを取り組んでもらいました。この課題は普段からリフティングに取り組んでいる選手には簡単な課題ですがやっていない選手にとってはかなり根気のいる課題だと思います。それでも、何とか全員が課題をクリアして最低限の努力をして欲しいと思います。
 試合内容としては、やはりいつも通りにどこでどのようにボールを持っても闇雲にドリブルばかりしてボールを失ってしまうことが多く見るに耐えませんでしたが試合ごとに根気強くボードで動き方を説明して試合に臨みました。すると最終戦に普段では見ることの出来ない素晴らしいプレーが出てきました。それはボールを持たない選手が全速力で走ってくれたことです。そのことでボールを持った選手の選択肢が増えてとてもボールが動くようになりました。それまで、ボールを取られまくっていた選手も周りを見て簡単に奪われなくなっています。そして、普段はロングボールからの1対1ばかりのゴールだったのがサイドから崩してのゴールも見られました。まだ、1試合のみなので次の試合がどうなっているのか分かりませんがどうなっていても諦めずに根気強く説明してトレーニングするしかないと感じています。そして、気分よく帰れると思ったバスでは、適当に道具を置いていたので怒り心頭で運転をすることに・・・。さすがの3年生、一筋縄ではいきません;;

【少年団大会について】
 本当に今年もあと一歩で県大会の切符を逃がしてしまいました。準決勝の対戦相手は宿命となっている上尾朝日との対戦で春の全少大会に続いての準決勝での対戦となりました。春の大会ではPK戦にて勝利していますが4種リーグでは敗退しています。また、4種リーグの優勝は逃がしてしまったので6年生最後の県大会出場を掛けた戦いとなりました。その決定戦を今年は低学年の試合があって直接試合を見る事が出来ませんでしたので、実際の戦いぶりは分かりません。数名の方から聞いた話によると走り負けてしまったようです。自分は6年生の平日練習を近くでずっと見ていたのでまだまだ足りない部分も分かりますし、少しずつ成長してきた部分も感じていました。ただ、ここ数年朝日と準決勝で当たっていてその過去の対戦結果が思い出せなかったので調べてみると、MJさんのHPに結果が載っていましたので過去のユベントスの戦績を紹介します。

2013年 第4位 準決勝  vs上尾朝日 ×0-2
2012年 第4位 準決勝  vs上尾朝日 ×0-1
2011年 準優勝 決勝  vs上尾朝日 ×0-1(延長)
2010年 優勝  決勝  vs上尾朝日 ○1-0
2009年 予選リーグ敗退
2008年 優勝  決勝  vs伊奈小針 ○3-0(県大会 第3位)
2007年 優勝  決勝  vs北本キ  ○0-0 PK4-2

 過去の戦績を見ると5年連続で準決勝以上の進出でそれ以前も4大会中3度優勝と先輩たちはすごい成績を残してくれています。そして、その2008年に県大会3位となった選手達は現在高校3年生となり選手権の予選を闘っています。

【高校サッカーについて】
 現在、高校サッカーは冬の選手権の予選真っ只中で先週は準々決勝が行われ、その試合にユベントス(朝日Jr)出身選手が出場していましたのでKコーチと共に6年生が電車に乗って駒場スタジアムまで応援に行きました。
 一人目の出場選手は浦和東高校の背番号10番を付けている岩出拓也選手(浅間台SC-ユベントス-朝日Jr)で対正智深谷戦でした。
 二人目の出場戦は成徳深谷の背番号15番を付けている恵賀将太選手(しろがねSC-ユベントス-朝日Jr)で対市立浦和戦でした。

 自分はテレビ観戦でしたが両選手共に実況の上野氏から名前を何度も言われていて小さい時から見ていた選手ですので不思議な感じでした。プレーを見ると両選手とも小学生の時の雰囲気と全然変わっていませんでした。岩出君は見事に延長前半のPKを蹴って残念ながらはずしてしまいましたが試合を盛り上げてくれました。試合を見る前に結果を聞いていなかったらかなりドキドキした場面だったと思います。それでも、PK戦でキッカーに選ばれてしっかりと決めてくれたので本当に信頼されているんだと感じました。11/9の準決勝に進出していますの応援に行ければと思います。恵賀君はこの試合はあまり見せ場がなかったようですが以前の市立戦ではゴールを決めいているようでかなりマークされていたのかもしれません。試合は0-1での敗戦でしたので残念でしたが、桶川中学校に来て試合のことを聞いてみたいです。その他にもたくさんのユベントスや朝日Jr出身の選手が高校までサッカーをがんばっていることが選手権予選の冊子を見て分かったので本当にうれしく思います。ぜひ、皆で練習に遊びに来て欲しいです。また、現役の選手も埼玉テレビで活躍が放送されるようにサッカーに取り組んで欲しいと思います。
※その後、低学年の選手を連れて準決勝を観戦にいけることになってので生で岩出君を応援してきます。


 


このページの先頭へ